メニューボタン

backhistory

男く祭とは

久留米大学附設高等学校の文化祭です。最大の特色は生徒の自治制であり、実行委員会と各P(プロジェクト)によって制作され、二日間に渡って運営されます。

1日目は公開日です。外部から多くのお客様にお越しいただき、パフォーマンス、食品バザー、芸術作品の展示、演劇、演奏、体験授業など様々な催しでおもてなしします。 2日目は生徒と保護者のみの参加です。太鼓やダンス、映画、コーラス大会を開催し、ゲストによる公演も行います。

「男く祭」は1975年の第5回男く祭から引き継いできた名称であり、中学高校とも完全な男子校であった時代の「男臭い」と掛けられているだけでなく、筑後地方の方言での「男くさぃ」(意:男だ)をも引いた言葉であり、さらに久留米大学の文化祭「あのく祭」のパロディでもあります。

附設とは

久留米大学附設高等学校(通称=附設)は福岡県内陸部に位置し、中高一貫の私立進学校です。九州でもトップレベルの難関大学や医学部への進学率を誇ります。 また個性的な生徒が数多くいることでも有名であり、 国際数学オリンピックや高校生クイズ全国大会への出場実績、歌会始への入選実績があります。 本校出身の著名人としては、ソフトバンクモバイル社の孫正義社長、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、ライブドア社元社長の堀江貴文氏などが挙げられます。

同窓会HPより